2021年4月16日(金曜日)

一覧を見る

[生産]
☆ホクレン2020年度販売乳量4年連続増 
  前年度比2・0%増、閏年修正2・3%増
  帯広は実質3・5%増と、10年連続増加に
  増加は8支所、前年の9支所から1支所減
  札幌2年ぶり増加、苫小牧は5年ぶり増加
  受託戸数88戸減も減少数は前年度比大幅減
☆第16回「HAL農業賞」優秀賞に共働学舎 
  宮嶋夫妻には特別賞、新得町で表彰状授与

 

[行政]
☆持続的な畜産物生産の在り方で骨子を公表 
  4月の第3回会合で中間とりまとめ決定へ
  畜産原因の環境負荷や消費者理解が課題に
  畜産物生産の持続的発展と環境負荷低減へ
  解決に向け家畜改良や飼養管理改善を推進
  現場の知見や経験を活かし普及や定着図る
  わが国畜産は持続可能な農業の実現に貢献
  草地利用や荒廃地有効活用、景観の維持で
  農村地域の維持・活性化にも寄与している
  都市近郊含む生産現場で女性や障害者活躍
  酪農・畜産業はわが国で「必須の産業」と

 

[商品情報]
☆明治がバスケの河村選手とサポート契約 
  ザバス提供ほか食と健康の分野で総合的に

 

[トピック]
☆乳製品価格上昇と低レベル在庫が景況改善 
  Jミルクが欧州MMO会合の報告書を紹介
  1月の生乳生産量は前年同月比0・9%減
  価格上昇と低レベル在庫量が地合いを改善
  主要な輸出国の生乳生産量は1・9%増加
  外食産業の年内回復に期待も予測は難しい
  市場の変化や貿易状況も分かりやすく解説

 

[資料]
☆ホクレンの用途別販売乳量推移 
☆2021年3月ホクレン支所別受託乳量実績 

定期購読料

年間購読料 90,000+税