2020年12月11日(金曜日)

一覧を見る

[補給金]
☆政策審畜産部会に3年度の政策価格を諮問 
  単価8円26銭、集送乳調整金は2円59銭に
  補給金単価と集送乳調整金合計で据え置き
  総交付対象数量も「345万㌧」据え置き
  感染拡大防止策で一部委員はリモート参加
☆増産の機運を冷やさないことが何より重要 
  委員による書面提出意見に対し畜産部回答
  チーズが増えない理由「仕向け生乳不足」
  都府県の生産基盤強化は大変重要な課題に
  いいとこ取りは「周知徹底が何より重要」
☆生乳流通改革の検証「畜産部会と連携を」 
  規制改革推進会議の検証で西尾委員が提案
  輸入枠数量の設定では抑制的決定を求める
  乳用後継牛の安定確保に向けた体制構築を
☆自民党が3年度の単価・数量・対策を了承 
  畜酪委員会、戦略調査会、農林部会が承認
  ALIC事業は基盤強化対策に45・7億円
  雌子牛の自家育成で1頭・5万円の奨励金
  供用期間延長のため乳房炎ワクチンを支援
  ヘルパーを目指す学生に1カ月最大12万円
  ヘルパーの待遇改善に対して奨励金を交付
☆令和三年度畜産物価格等の決定に当たっての決議―自民党
☆3年度のALIC事業による関連対策概要 
☆価格・関連対策決定で各団体が謝意伝える 
  酪農ヘルパー対策「新たな切り口」に感謝
  酪政連佐藤委員長「現場でぜひ活用して」
  全中は集送乳調整金単価引き上げにも謝意

 

[案内]
☆1月21日にコントラクター等情報連絡会議 
  オンライン形式、参加費無料も申込み必要

 

[資料]
☆生乳需給表―農水省 

定期購読料

年間購読料 90,000+税