2020年7月29日(水曜日)

一覧を見る

[総会]
☆新理事に全農岩手県本部の後藤元夫氏就任 
  東北生乳販連が規模縮小し通常総会を開く
  頻発する自然災害「機動的な支援対策」を
  2年度受託販売契約状況で大きな変化なし
  生産者との契約の重要性への認識深まった
  「東北は一枚岩」想い忘れず負託に応える
☆元年度受託実績103・3万㌧―関東販連 
  前年度比2・7%減、目標比は1・7%減
  飲用向け2・6%減、脱バタは1・8%減
  販売単価は㌔113・1円、3・1円上昇
☆日本酪農教育ファーム研究会が定時総会 
  新会長に福井みどり氏、國分会長は顧問に

 

[需給]
☆6月のバター出回量、17・1%減を見込む 
  機構発表の「バター・脱粉の需給予測」で
  6月脱脂粉乳出回り量は1・8%減見込み
  バター在庫は8月末時点3万9300㌧に
  脱粉在庫は8月末8万3000㌧と高水準
  ただし脱粉は約2万㌧を飼料用に転用予定

 

[災害]
☆国土強靱化の観点から「改良復旧」実施を 
  自民党農林合同会議で政府への要請案決定
  台風19号で実施した「総合的対策」適用を
  農林関係4団体が万全な支援と対策を要請
☆コロナ禍では支援策の「伝え方」で工夫を 
  自民党が7月豪雨の対策で農相に申し入れ
  農林漁業の継続のため知恵をしぼる―農相
☆農林水産関係被害額は総額で962億円に 
  生乳は5㌧、家畜は13万頭羽の被害が発生
  九州販連は状況確認のため会員に文書発出

 

[決算]
☆日本アクセス20年度第1四半期は増収減益 

 

[資料]
☆乳製品の生産量の推移―全国、北海道 

定期購読料

年間購読料 90,000+税