2020年7月9日(木曜日)

一覧を見る

[災害]
☆大分県で牛舎設備の被害や生乳廃棄が発生 
  大雨被害地域は九州から東海地方にも拡大
  道路寸断のため福岡2戸、佐賀1戸未集乳
  岐阜県下呂市も通行止め継続で3戸未集乳

 

[生産]
☆5月牛マルキン乳用種4万2925・1円 
  前月概算払4万8145・1円から低下も
  1頭当たり収支は5万2139円「赤字」
☆従業員の増員なしで搾乳時間短縮を目指す 
  県立広島大「スマート農業実証事業」採択

 

[特集]
☆牛乳月間にSNSでつながる「リレー」① 
  Jミルクが「バトンリレー」の実績を報告
  全国各地にバトンがつながり「39回」投稿

 

[行政]
☆原子力被災市町村の営農再開加速で新構想 
  酪農と結びついた肥育素牛増産体制を構築

 

[需給]
☆5月バター消費量、業務用中心大幅減続く 
  機構発表の「形態別バターの需給表」から
  バラ49・6%減少、ポンド等35・4%減少
  一方で家庭用は38・6%増と増加幅を拡大

 

[人事]
☆ふくおか県酪農協、新組合長に草場哲治氏 

 

[商品情報]
☆森永乳業「パルテノキウイソース入」 

 

[講演]
☆安倍農政の課題と新たな農政方向を探る③ 
  作山巧明治大農学部教授が「論点」を提示
  食料自給率目標の意義は「ほとんどない」

 

[資料]
☆形態別バターの需給表―機構 

定期購読料

年間購読料 90,000+税