2020年6月15日(月曜日)

一覧を見る

[総会]
☆サプライチェーン維持で〝絆の深さ〟確認 
  Jミルク定時総会で川村会長が謝意を示す
  コロナ禍で事業環境は経験無き変化に直面
  牛乳乳製品の「栄養的価値」が改めて評価
  需給混乱の極力回避に向けて情報発信強化
  廃棄乳回避「指定団体の重要性示された」
  プラスワンPJ、需給の改善に大きく貢献
  夏場のひっ迫に向け消費者「理解」求める
☆生産者の意欲減退は「あってはならない」 
  コロナ禍での廃棄乳回避に謝意―水野課長
  「学校一斉休校」早期対応で予算措置実現
  関係者が一体となった消費拡大運動で成果

 

[生産]
☆ホクレン6月上旬受託乳量は1・6%増 
  分娩頭数やや鈍化で4旬続けて漸減傾向に
☆4月牛マルキン乳用種4万8145・1円 
  前月確定値5万4562・5円から低下も
  1頭当たり収支は5万7939円「赤字」
  交雑種発動、1頭14万4130・1円概算

 

[農政]
☆令和2年度第2次補正予算案が参院で成立 

 

[行政]
☆コロナ禍により補給金算定時から環境激変 
  補給金制度に加えて繁殖農家の支援が必要
  繁殖と肥育は「一体的なもの」―江藤農相

 

[海外情報]
☆英EU・FTA交渉難航でリスク懸念表明 
  欧州連合の3農業生産者団体が連名で表明
  FTA締結に失敗すれば双方に深刻な影響
  EUと英国間の公平な競争条件確保等要求

 

[商品情報]
☆明治「TANPACT」でキャンペーン 
  「ちょこちょこたんぱく習慣化応援」開始

定期購読料

年間購読料 90,000+税