2020年5月29日(金曜日)

一覧を見る

[需給]
☆生乳増産の見通しも夏場は「ひっ迫」懸念 
  Jミルクが牛乳乳製品の需給見通しを公表
  生乳生産量は若干下方修正も引き続き増産
  都府県は4万1000㌧で前回数値と同じ
  上期で牛乳類の生産量は前年比1・6%増
  道外移出量は前年度比8・5%増の見通し
☆夏場に向け需給で〝揺り戻し〟発生が懸念 
  Jミルク前田専務がコロナ禍の影響を説明
  第1四半期は牛乳と生クリームで14万㌧減
  家庭内消費増も減少分の3分の1に留まる
  家庭用バターの需要は前年比60%以上増加
☆「バターの急激な需要増」への意見相次ぐ 
  水野牛乳課長が需給交換会議の意見を報告
  脱脂粉乳は需要減退で在庫が積み上がった
  ポンドバターの小売販売で品薄解消できる

 

[行政]
☆肉用子牛販売頭数に応じた「奨励金」交付 
  総額で31・9兆円の2次補正予算案を決定
  奨励金はALIC事業で108億円を計上
  環境改善、疾病防止に取り組む生産者対象
  農林漁業者の経営継続補助金に200億円

 

[総会]
☆予選会兼ねたナショナルショウも中止に 
  全共中止受けて27日理事会決定―道ホル協
☆乳容器・機器協会が書面で定時社員総会 

 

[決算]
☆長野牛乳20年3月期、売上高は45・3億円 
☆トモヱ乳業、20年3月期売上高385億円 

 

[生産]
☆南西諸島向け飼料作物「パイカジ」を紹介 

 

[資料]
☆2020年度の生乳及び牛乳乳製品の需給見通し─Jミルク 
 

定期購読料

年間購読料 90,000+税