2020年4月17日(金曜日)

一覧を見る

[生産]
☆2019年度販売乳量、4年ぶりの増加に 
  698万8934㌧で前年度比0・4%増
  閏年修正も0・1%増、前年度0・3%減
  わずかながらも700万㌧割れは3年連続
  ホクレン3年連続増、都府県7年連続減に
☆3月販売乳量、0・7%増と5カ月連続増 
  総受託増は島根10・6%増など17都道府県
  学給休止で飲用牛乳等6・6%減も支援有
  農水省事業、学乳向け価格まで補てん予定
☆「学乳対策」の実施主体として最大限支援 
  実務責任者会議で迫田専務が現状認識示す
  指定団体や全国連との連携で混乱は生じず
  脱バ向け生乳の増加率は「地域で異なる」
  指定団体による販売努力差ではないと認識

 

[行政]
☆新型コロナの影響「関係者一丸で対応を」 
  実務責任者会議で松本乳製品調整官が訴え
  生乳増産は基盤強化の〝努力のたまもの〟
  関係者の尽力でコロナの影響は「最小限」

 

[乳業]
☆明治が中国で牧場を展開する会社株を取得 
  生乳生産事業を手掛けるオーストアジア社
  中国事業の生乳調達先で乳牛8万頭を飼養
  約280億円出資、良質乳を安定的に調達

 

[消費拡大]
☆農水省とJA全中が「蘇」の紹介動画公開 
  「BUZZ MAFF」の一環で消費喚起
  農水省牛乳乳製品課からは山田さんが出演

 

[トピック]
☆パルミジャーノ協会が地域病院支援で寄付 
  生産地域の病院支援のため100万ユーロ

 

[資料]
☆3月用途別販売実績(速報)―中酪 

定期購読料

年間購読料 90,000+税