2020年4月13日(月曜日)

一覧を見る

[ニュース解説]
☆「780万㌧を目指す」新酪肉近を解題① 
  前回から「内外環境と制度」が大きく変化
  増産機運高まる中で生産目標「30万㌧増」
  乳業側は増産分の「チーズ」仕向けを提案
  関税削減による環境変化への対応策も必要
  数値目標としてチーズ生産支える方針明記

 

[災害]
☆食品生産確保で食品表示基準を弾力的運用 
  農水省など3省庁が連名で関係機関に通知
  健康被害に関わるアレルギー表示など除く
☆サプライチェーンは「落ち着いている」 
  緊急事態宣言発令後も供給体制に問題なし
  消費者の冷静な購買行動に感謝―江藤農相
☆ワールドデーリィサミット2020は中止 
  南アで開催予定、IDFが各国団体に通知
☆酪政連がコロナ拡大を受け緊急支援を要請 
  江藤拓農相や野村哲郎農林部会長など訪問
  脱脂粉乳など乳製品過剰在庫軽減など要望

 

[行政]
☆各地の事情に応じた国産食材の給食活用を 
  江藤農相が緊急対策事業の給食活用で説明
  北海道ではメロン出したい所もあると思う
☆生産維持へ「農業労働力確保緊急支援事業」 
  入国制限による外国人材の不足などに対応
  即戦力と多様な人材の確保へ国が定額支援
  交通費、宿泊費、掛かり増し労賃も対象に

 

[生産]
☆2月牛マルキン乳用種3万5319・2円 
  前月概算払4万3339・1円から低下も
  1頭当たり収支は4万3688円「赤字」
  交雑種も交付発動、前年11月確定払い以来

 

[商品情報]
☆六甲バターが「ベビーチーズ」CMを制作 
  ツイッター活用のキャンペーンも実施する

定期購読料

年間購読料 90,000+税