2020年3月25日(水曜日)

一覧を見る

[酪肉近]
☆畜産部会で次期酪肉近の実質的な議論終了 
  本文作成を部会長に一任、次回「答申」へ
  生乳の生産数量目標は「780万㌧」設定
  30年度の集送乳等経費目標は「現行水準」
  牛乳乳製品工場の稼働率目標「1割上昇」
  工場数は現状の8~9割、再編合理化推進
☆「生乳流通改革」検証を求める意見相次ぐ 
  畜産部会が酪肉近の「方針案」で最終論議
  畜安法施行後、さまざまな問題が発生した
  制度の見直し含めて「あるべき姿」検討を
  生乳廃棄の現状に「生産者として違和感」
  生乳流通改革自体が問題ではない―農水省
  いいとこ取りや集送乳に影響あれば問題に

 

[農政]
☆自民党合同会議で基本計画「決議」を採択 
  新たな生乳取引の課題「随時検証が必要」
  両者に意見を聞き、引き続き調査―農水省

 

[生産]
☆全農が臨時総代会、次年度事業計画を決定 
  配合飼料取扱増、需給調整強化等盛り込む

 

[統計]
☆元年10月の市乳紙製容器比率、過去最高に 
  10月調査で過去最高となる87・8%を記録

 

[乳業]
☆雪印メグミルクも4月1日入社式を中止 

 

[飼料]
☆全酪連4~6月期配合飼料800円値下げ 
  哺育飼料2万8000円値上げ、7期連続

 

[資料]
☆新基本計画の策定における新たな輸出目標の設定に関する決議
☆市乳生産量と容器容量別生産比率の推移 
☆2月酪農乳業日誌③ 

定期購読料

年間購読料 90,000+税