2020年2月17日(月曜日)

一覧を見る

[調査]
☆2019年牛乳購入量、鳥取市がトップに 
  11・8%増91・79㍑、前年15位から急浮上
  バター1位は8年ぶりさいたま、2位川崎
  チーズはさいたまが3年ぶりトップも減少
  ヨーグルトは2年連続盛岡、2位は水戸に

 

[消費拡大]
☆45店舗の工房やメーカーが道産チーズPR 
  表参道開催の北海道地チーズ博2020で
☆日本・関東アイス協がラッピングバス運行 

 

[決算]
☆江崎グリコ19年12月期連結決算は増収減益 
  売上高1・2%増、営業利益は2・1%減
  乳業部門売上高は670億円で3・8%減

 

[生産]
☆繁殖技術組み合わせ、生産・収益力を向上 
  家畜改良事業団がセミナー、技術者ら講演
☆札幌で酪農教育ファーム認証研修会を開催 

 

[商品情報]
☆安曇野食品、カスバニいちご味など16品 
  丸大Gの新商品発表会で16アイテムを発表
  「カスタードバニラヨーグルト」が10周年

 

[行政]
☆自給率をめぐる新たな考え方で幅広く議論 
  食料自給率はKPI的な意味を持っている
  カロリーも生産額ベースも「同等の重み」
  飼料自給率を反映しない意味を伝える必要

 

[市況]
☆1月初妊牛、5・3万円高、83・7万円 
  ホクレン「北海道乳牛産地だより」から

 

[資料]
☆牛乳・乳製品等購入量上位都市の推移 
☆2020年1月乳牛市場成績―ホクレン 

定期購読料

年間購読料 90,000+税