2020年2月4日(火曜日)

一覧を見る

[需給]
☆19年度に引き続き2年連続で増産の見通し 
  Jミルクが来年度通期の需給見通しを公表
  生乳生産1・5%増、都府県は減産幅縮小
  はっ酵乳下げ止まり20年度は0・1%増に
  道外移出8・3%増、前年に引き続き増加
  脱粉生産量4・5%増で生産需要ほぼ均衡
  バター生産量4・5%増も単年度では不足
☆足りなくなることが1番あってはならない 
  水野牛乳課長が次年度乳製品国貿対応説明
  バター在庫量は21年2月に最も下回る予想
  脱脂粉乳在庫は21年3月に4万6400㌧
  脱脂粉乳需要は弱い認識だが「底が浅い」
  ヨーグルトのヒットで「在庫1万㌧減る」

 

[生産]
☆酪農への就職を考える学生と酪農家が交流 
  交牧連関東ブロックが学生対象にセミナー
  関東地区の高校生、大学生など19人が参加
☆2年目「酪農経営管理者コース」12人修了 
  牧場運営の課題を抽出―道酪農人材育成協

 

[人事]
☆全酪連(1日) 
☆酪農学園大学次期学長に竹花一成氏を再任 

 

[乳業]
☆発酵乳協会が「微生物検査研修会」を開催 
  南専務はHACCPの義務化への対応説明
☆江崎グリコが大阪府と包括連携協定を締結 

 

[商品情報]
☆森永、宅配「実感するうるおいセラミド」 

 

[案内]
☆3月18日に「飼料用米多収日本一」表彰式 

 

[資料]
☆2020年度の生乳及び牛乳乳製品の需給見通し─Jミルク 
 

定期購読料

年間購読料 90,000+税