2019年10月15日(火曜日)

一覧を見る

[酪肉近]
☆需給安定、指定団体機能などで幅広く議論 
  畜産部会で今後の酪農乳業めぐり意見交換
  生産目標は家族経営体が意欲持てる水準を
  頭数増で糞尿処理は相当なコストがかかる
  バイオマス投資などの返済額「頭が痛い」
  年度途中の一方的な出荷先の変更に指導を
  ヘルパー確保「半年前申込」でも争奪戦に
  「酪農版マルキン」の検討を求める提案も
☆年間販売契約の無視「あってはならない」 
  政策審議会畜産部会で水野牛乳乳製品課長
  改正畜安法で指定団体機能は否定してない
  新たな需給緩和対策の創設は現時点で困難
  生産目標800万㌧「力強い意見と思う」

 

[行政]
☆台風15号などの農業被害「激甚災害」指定 
☆8月牛マルキン乳用種2万2905・5円 
☆「農産物・食品輸出促進法案」を閣議決定 
  輸出先国の規制への対応加速化―江藤農相

 

[統計]
☆8月牛肉輸入量7・2%減、4カ月連続減 
  5万3557㌧、前月4・5%減に続いて
  チルド0・6%減、フローズン12・9%減

 

[生産]
☆全国競馬・畜産振興会が調査研究の発表会 
  JRAからの交付金を活用した助成事業で
  放牧における移動搾乳機、畜産女子育成等

 

[特集]
☆サプライチェーン全体の強靱化が必要に④ 
  日本乳業協会「災害リスク」報告書を解題
  停電が前提も「ブラックアウト」は考えず
  2日程度の停電なら基幹工場の貯乳で対処

 

[案内]
☆中国とタイの牛乳乳製品の需給でセミナー 

定期購読料

年間購読料 90,000+税