2019年4月17日(水曜日)

一覧を見る

[生産]
☆30年度総受託乳量、2年連続減少に―中酪 
  696万3306㌧で前年度比0・3%減
  31年ぶりに700万㌧割れの前年度に続き
  アウト・イン修正も0・2%減と連続減少
  ホクレン2年連続増、都府県6年連続減に
  中国・九州の両指定団体は6年ぶりに増加
☆19年度生乳計画生産は前年度比2・6%増 
  道農協酪畜対が目標数量393万㌧に設定
  18年度は目標対比98・6%で11地区が未達
  規模拡大を背景に道南と十勝で4~5%増
☆ホクレン30年度販売乳量、2年連続増加に 
  前年度比0・9%増、前年度は0・2%増
  帯広3・2%増と伸び拡大、8年連続増加
  北見2年連続増加、札幌は3年ぶり増加に

 

[行政]
☆和牛遺伝資源の知的財産的価値保護で議論 
  和牛遺伝資源の流通管理に関する検討会で
  抑止策として罰則強化や差止請求権新設も
☆畜舎を建築基準法対象外にすることを要望 
  規制改革推進会議農林WGで畜舎をめぐり
  北海道上士幌町の㈱ノベルズが問題を提起
  建築基準法がコスト高と新規参入の障壁と
  畜舎建設案試算、建物費は投資の60%占め
  生乳1㌔に対する建設コストも16・5%と
  金丸議長代理「建設コストの高さに驚愕」
☆日本産牛肉の対中向け輸出再開で一歩前進 
  「動物衛生検疫協定」で中国と実質合意に

 

[TAG交渉]
☆米国・ワシントンDCで閣僚級会合始まる 

 

[商品情報]
☆「軽やかしぼり春限定桜パッケージ」発売 
  よつ葉乳業、道内の店頭と食卓を桜満開に

 

[資料]
☆3月用途別販売実績(速報)―中酪

 

定期購読料

年間購読料 90,000+税