2019年4月11日(木曜日)

一覧を見る

[生産]
☆産業基盤の持続可能性高める共通課題検討 
  Jミルク「2019年度重点事業」を読む
  基本計画見直しや新酪肉近踏まえ議論進め
  9月理事会で提言決定し、政府に要請する
  国際グループ新設は横浜WDS開催が契機
  JIDF新会長に森永乳業大川専務が就任
  「基盤強化対策金」3年間で総額15億円弱
☆国産チーズの補助スターター20株に選定 
  農研機構などで構成するコンソーシアムで
  熟成期間を3分の2に短縮できること期待
☆19年4月の「海外種雄牛評価結果」公表 
  MRマツカツトダンテ1407が連続1位
☆全酪協が酪農共済の加入功労者・団体表彰

 

[行政]
☆2月牛マルキン乳用種6万0769・4円 
  1頭当たり収支は7万1966円「赤字」
☆G20開催に向けて農水省で新潟県をPR 

 

[商品情報]
☆森永がPARCOとコラボし、限定カフェ 
☆オハヨー「ぜいたく果実白桃アイスバー」 

 

[人事]
☆明治フレッシュN社長に晴佐久氏を新任 

 

[トピック]
☆エルニーニョ、夏へ継続可能性さらに高く 

 

[案内]
☆民間企業の顕著な功績者など表彰候補募集 
  農水省と、食品産業技術振興協会が共同で

 

[統計]
☆2月生乳総合価格2円高安で10㌔1025円 
  農業物価指数、生乳総合の全国平均価格で

 

[資料]
☆2月の畜産物販売価格・生産資材価格

定期購読料

年間購読料 90,000+税