平成30年11月14日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「力強い農業」と「豊かな魅力ある農村」を
 (第29回JA北海道大会に2400人結集)
 ▽「新たな協同組合」の姿は継続討議を提案
 ▽災害からの復旧・復興に全力を―飛田会長
 ▽暮らし支えるJAの役割に感謝―高橋知事
 ▽髙橋道経連会長、麻田道生協連会長が祝辞
 ▽協同組合テーマにパネルディスカッション
 
☆第29回JA北海道大会で3年間の目標設定
 (メインテーマ継承、協同組合の価値創造へ)
 ▽全道からJA・連合会役職員ら2400人
 ▽前回大会の目標継承、目線合わせの大会に
 ▽時代に即した「新たな協同組合」打ち出す
 
☆道生協連を通じJAグループ北海道に支援金
 (胆振東部地震で全国の生協組織から1億円)
 
☆士幌の小野寺氏、千歳の假屋氏に最優秀賞
 (30年度新規就農優良農業経営者表彰式)
 ▽優秀賞に幕別の大石氏、各受賞者が道外出身
 ▽新規就農を目指す人の模範に─川本常務
 ▽地域の発展への貢献を第一の目標に─假屋氏
 
☆ホクレン受託乳量、11月上旬は1・3%増
 (道内受託酪農家戸数は10月末5369戸)

定期購読料

年間購読料 84,000+税