平成30年11月2日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道生協連とJAグループ北海道が連携協定
 (協同組合理念に基づき、協力活動を活性化)
 ▽国連採択のSDGsをテーマに取り組み検討
 ▽子ども食堂や高齢者福祉活動、公開講座など
 
☆ゆめぴりか基準品は「大幅に減少」の見込み
 (基準変えずブランド維持へ─内田会長)
 ▽来年見据え集荷・販売数量確保に最大限
 ▽基準品は前年比で「50%切ることも想定」
 ▽中国向けに年内110㌧を精米・輸出
 
☆被災農業者の再生産へ金融支援対策に万全期す
 (JA道信連の早崎副会長が定例会見で報告)
 ▽信連の原資供給資金の金利を5年間ゼロに
 ▽道農業信用基金協会も保証料を引き下げ
 
☆帯広厚生病院は予定どおり1日に引越し開始
 (ダンパー問題「非常に遺憾」―西会長)
 ▽免震構造は正常、震度7で倒壊の恐れなし
 
☆胆振東部地震の共済金支払額は60・3億円
 (十勝沖地震上回る規模―JA共済連北海道)
 ▽台風21号では約3000件の被害報告 
 
☆酪農学園大学がブランドマークなど2点を公募
 (全国にPRすることを目的に誰でも応募可)
 ▽12月25日締切、パンフレットなどに使用

定期購読料

年間購読料 84,000+税