平成30年10月24日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆国貿乳製品の30年度輸入枠、追加必要ない
 (バターの年末需要は「手当て済み」水野課長)
 
☆通期生乳生産の下方修正は小幅との見込み
 (Jミルクが年内第4次需給見通しを公表)
 ▽道内震災の混乱で前月公表「延期」を経て
 ▽道内生産前回見通しから1万7000㌧減
 ▽下期も引き続き「牛乳」など堅調を見込む
 
☆帯広厚生病院が完成、内覧会で関係者に披露
 (予定どおり11月5日にグランドオープン)
 ▽最新鋭の医療設備導入、病床は半数個室化
 ▽耐震ダンパー問題、引き続き対応―西会長
 
☆水田活用の予算確保など働き掛けを継続
 (概算要求受けて今後の対応を整理─道米対)
 ▽全国の転作面積減少が31年度予算に影響も
 ▽スマート農業プロジェクト活用へ調整図る
 
☆ホクレン受託乳量、10月中旬は1・3%増
 (累計1・2%増、前年実績プラスを維持)
 
☆北海道たねの会が種子条例考えるフォーラム
 (道農政部幹部職員招き意見交換会を実施)

定期購読料

年間購読料 84,000+税