平成30年10月22日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

☆地震・台風からの復旧、道の予算確保など要請
 (JAグループが自民党道連の政策懇談会で)
 ▽農業予算確保による「実効性ある対策」要望
 ▽「経営体育成支援事業」の道費上乗せ補助を
 ▽JA関連施設の再建、事務推進の人的支援も
 
☆「過去の譲許が最大限」吉川農相が改めて強調
 (「TPP以上」米農務長官重ねての発言に)
 ▽共同声明で立場すでに「尊重されている」
 
☆水稲の収穫作業は7日遅れで終了―15日現在
 (降雨の影響で小豆の収穫作業は遅れ拡大)
 ▽馬鈴しょの収穫は早2日で平年並みに終了
 ▽てん菜も一部地域で収穫開始、順調に推移
 
☆道が関係部局に鳥インフルの警戒を呼び掛け
 (渡り鳥の南下本格化、警戒本部幹事会開催)
 ▽今年は1月に香川県で1件発生したのみ
 
☆人 事 動 静(22~28日)
 
☆資料・各地の生育・作業の遅速

定期購読料

年間購読料 84,000+税