平成30年10月12日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆新体制で道農業・農村振興審議会がスタート
 (改選に伴って柳村会長、堂地副会長を再任)
 ▽種子条例の調査審議は種子生産部会に付託
 ▽第5期農業推進計画の中間点検を年度内に
 
☆北海道酪農の復興へ、雪メグが道に見舞金
 (西尾社長が道庁訪れ高橋知事に目録を贈呈)
 ▽全道停電でダメージ、3000万円を寄付
 ▽趣旨を踏まえて有効活用したい―高橋知事
 ▽雪メグに「乳業工場の自家発電導入検討を」
 ▽業界で課題共有化、具体的な議論これから
 
☆家畜の日射病・熱射病発生数は4687頭羽
 (牛は6年ぶりに100頭上回る―道農政部)
 ▽家きんの発生少なく全体では前年の約5割
 ▽7月後半~8月前半の集中的な暑さが影響
 
☆生産者の思いを道民に、学習・試食会を初開催
 (食・みどり・水を守る道民の会などが主催)
 ▽道農連が食材提供、ホテルのシェフが協力
 ▽道内食材の品質の高さ、地産地消を再認識
 
☆第1回「北海道次世代農業サミット」を開催
 (道農業法人協会が若手農業者を対象に)

定期購読料

年間購読料 84,000+税