平成30年9月25日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆激甚指定など求めて25日から中央要請実施
 (地震・台風被害で対応確認─道基本農対)
 ▽営農継続や自家発電導入への支援も要望
 ▽国際貿易交渉や農業予算めぐる情勢報告も
 
☆組合員の経営正常化へグループで後押し
 (台風・地震被害からの復興へ─飛田会長)
 ▽亡くなられた方々の無念しっかり受け止め
 ▽被災者の営農継続へ与党への要請強めたい
 ▽日高管内JA合併のみついしの離脱を報告
 
☆ホクレンが40億円規模の災害対策を実施
 (地震・台風で被害受けたJA・組合員対象)
 ▽ホクレン単独の災害対策としては過去最大
 ▽停電による出荷不能生乳など2分の1相当
 ▽生乳被害は6~10日約2万㌧、約20億円
 ▽台風で7000棟近いビニールハウス被害
 ▽乳牛への影響長期化懸念、下期は前年並み
 
☆ホクレン配合飼料価格は約800円値下げ
 (円安、原料価格の値下がりが要因)
 
☆齋藤農相が停電時のよつ葉受け入れに謝意
 (有田社長が発電燃料供給支援に感謝の表敬)
 ▽廃棄回避へ乳処理継続は「使命」有田社長
 ▽根釧、宗谷の2工場も自家発電設備導入へ
 
☆人 事 動 静(24~30日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税