平成30年9月21日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆産業被害含む総合的支援を国に要請―高橋知事
 (胆振東部地震の直接的被害1500億円に)
 ▽公共土木施設や林地など、全体額は調査中
 ▽種子条例の対象作物、意見を踏まえて検討
 
☆電力の安定供給などを北海道電力に要請
 (北海道農業団体災害対策本部)
 ▽大規模停電の原因究明や再発防止を求める
 
☆ホッカイドウ競馬が門別競馬場で25日再開
 (電力需給状況を考慮し、当面はデイ開催に)
 
☆将来にわたり安心して農業が継続できる農政を
 (自民党総裁選を受け飛田会長がコメント)
 ▽台風・地震からの復旧、営農再開へ課題山積
 
☆北農ビル前の「街なか田んぼ」で稲刈り
 (保育園児11人が体験、はさ掛けも)
 
☆台風が収穫作業に影響、生育遅れもやや拡大
 (15日現在の農作物生育状況─道農政部)
 ▽水稲は遅5日、圃場間で登熟にばらつき
 ▽秋まき小麦の播種は平年並みにスタート
 
☆よつ葉が東京で「のむヨーグルト」試飲会
 (10月1日「のむヨーグルト」を4アイテム)
 
☆資料・各地の生育・作業の遅速

定期購読料

年間購読料 84,000+税