平成30年9月20日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「北海道たねの会」が道条例骨子案の見解求め
 (対象作物の範囲など道農政部に公開質問状)
 ▽21項目、9月末までに文書での回答要求
 ▽在来種等の記述なし、条例制定の期限は
 ▽道民の意見聞いて納得できる条例内容に
 
☆馬鈴しょでん粉供給量は19・3万㌧見込む
 (農水省が30でん粉年度の需給見通し示す)
 ▽生産量18万6000㌧、繰り越し7000㌧
 ▽供給量は3年連続17万㌧台にとどまる見通し
 
☆てん菜の国内産糖交付金はトン2万1432円
 (販売価格の下落で前年比22%引き上げ)
 ▽国内産いもでん粉交付金は1万7717円
 
☆道内農業生産関連事業の販売額1517億円
 (28年度6次産業化総合調査─農水省)
 ▽前年比0・7%増で全国1位を維持
 ▽全国は前年比3・0%増の2兆円
 ▽農産物の加工は1位も、直売所は12位に
 
☆道内8地区で「食品表示セミナー」を開催
 (原料原産地表示制度などをテーマに)

定期購読料

年間購読料 84,000+税