平成30年8月30日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆種子生産条例制定に向けた審議会議論が始動
 (道審議会に「主要農作物種子生産部会」設置)
 ▽道農業を力強く後押しする条例に―柳村会長
 ▽骨子案では主要農作物の種子を対象にと提起
 ▽北海道らしい条例を、対象拡大求める意見も
 ▽議会議論踏まえて10月に素案、12月に案提示
 
☆30年産水稲の収量見通し「平年作は厳しい」
 (道米麦改良協会が作柄現地調査を実施)
 ▽6月からの天候不順で初期生育悪化が影響
 ▽圃場間で格差、穂ぞろいや登熟のバラつきも
 ▽収穫適期判定や乾燥・調製が例年以上に重要
 
☆解決へサプライチェーンの一体的な取り組みを
 (Jミルクが今年も「風味問題」で研修会)
 ▽風味問題には「複雑な要素」地道な努力を
 ▽理解情勢に新パンフお披露目、積極活用を
 ▽一般人の体感型教育で官能検査キット開発
 
☆日本公庫が「事業承継」に関する税制説明会
 (事業承継税制の特例措置などを紹介)

定期購読料

年間購読料 84,000+税