平成30年8月17日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「とよまさり」は落札率・落札価格ともに低下
 (29年産大豆の入札取引終了、面積増で苦戦)
 ▽需給バランスが低下、小豆への切り替えを
 ▽納豆用「ユキシズカ」は引き合い強く好調
 
【インタビュー】
☆米づくりのあるべき姿へ、法人も議論参加を㊥
 末藤 春義 道農業法人協会水田部会会長
 ▽31年産「生産の目安」はあるべき姿見定めて
 ▽「日本の米は高くて輸出できない」は先入観
 
☆飲用等向けが堅調、3カ月連続で前年上回る
 (7月のホクレン販売乳量は3・2%増)
 ▽都府県の生産落ち込みで道外移出が堅調
 ▽加工向けでも脱粉・バター、チーズ増加

定期購読料

年間購読料 84,000+税