平成30年8月7日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道農連が札幌で「全道農民総決起集会」開催
 (官邸主導の農政運営に断固反対を訴え)
 ▽激動の時代に立ち向かう決意―西原委員長
 ▽各地区代表者8人が意見表明、若手も団結
 ▽大通公園で「食と農を守る街宣行動」実施
 ▽農政の問題を市民や観光客に直接アピール
 
☆力強い農業と豊かな魅力ある農村の実現へ
 (JA北海道大会へ、組合員組織討議スタート)
 ▽正組合員全戸に資料、9月末まで意見募集
 ▽メインテーマなどの方向性は前回から継承
 ▽「協同組合の価値と実践」決議事項に追加
 ▽グループ挙げ「新たな協同組合の姿」追求
 
☆水稲の生育は遅2日、秋まき小麦の収穫は4割
 (7月後半からの好天により回復の兆しも)
 ▽前回(7月15日現在)並みからやや回復へ
 ▽豆類は大豆前回並み、小豆・菜豆は1日早く
 ▽1番草収穫12日遅れ、2番草も4日遅れに
 
☆「街なか田んぼ」で園児がかかしづくり
 (北農ビル前に設置、出来秋まで生育見守って)
 ▽今後は稲刈り、調理・食育イベントも実施
 
☆よつ葉がコンサホームゲームで単独ブース
 (2千人がヨーグルト2商品の食べ比べ実施)
 ▽生乳100%のヨーグルトをPR、投票も

定期購読料

年間購読料 84,000+税