平成30年8月2日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「新たな外国人材の受け入れ」政策提案に追加
 (地域実態踏まえた選択肢―道農協基本農対)
 ▽概算要求に向け7日に道連役員で中央要請 
 ▽種子生産めぐる道条例の制定へ意見反映を
 ▽FFR注視、必要に応じて政府に働き掛け
 
☆JA北海道大会へ、組合員組織討議を実施
 (定例記者会見で道中央会の飛田会長が表明)
 ▽道内正組合員4・6万戸に組織討議案送付
 ▽種子法めぐる道条例、外国人材活用にも見解
 ▽末松農水事務次官の活躍に期待の言葉も
 
☆6月中旬以降の天候不順による影響を懸念
 (秋まき小麦の収穫進捗率は35%―ホクレン)
 ▽7月の好天で今後の回復期待―内田会長
 ▽良質な粗飼料確保へ輸入乾牧草など準備
 ▽西日本豪雨被害で九州方面の輸送力確保

定期購読料

年間購読料 84,000+税