平成30年7月24日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆3カ年で農水省ガイドライン水準を目指す
 (米や畑作物のGAPで─JAグループ北海道)
 ▽麦の生産工程管理など既存の取り組み基礎に
 ▽酪農は記帳を継続し、飼料作物で導入検討
 ▽連合会・JA職員で指導員等400人確保も
 
☆次期基本計画・食育計画策定へ工程を確認
 (条例の点検・検証も─道食の安全・安心委)
 ▽11月に素案、2月に計画案、3月に決定へ
 
☆日米FFRで「TPP同等の譲歩認めず」
 (自民党対策本部が決議、政府に申し入れ)
 ▽森山本部長「間違いあってはならない」
 
☆政府、早ければ1月に協定発効の可能性と
 (シンガポールもTPP11承認、あと3カ国)
 ▽NZ、豪州、カナダも議会手続きを始動済
 
☆4~6月期通常補てん「300円」を発動
 (畜産基金、全日基決定、全農系26日決定へ)
 ▽発動は平成29年1~3月期以来3期ぶりに
 
☆JA共済連北海道の新本部長に近藤副本部長
 (後任の副本部長は渡部企画管理部長に)

定期購読料

年間購読料 84,000+税