平成30年7月20日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆多雨・日照不足により生育停滞し遅れ拡大
 (道農政部が15日現在の農作物生育状況)
 ▽水稲は遅3日、収量確保には難しい水管理
 ▽豆類の生育に影響、特に小豆・菜豆で遅れ
 ▽1番草の収穫は遅11日、2番草にも影響
 
☆飲用等向けが2カ月連続で堅調な伸びみせる
 (6月のホクレン用途別販売は3・1%増)
 ▽道外移出20・0%増、飲用向け12・4%増に
 ▽生クリーム2・4%増、脱粉・バター前年並み
 
【インタビュー】
☆製造業のノウハウを入れ1次産業をより強く㊥
 田中 義克 道立総合研究機構理事長
 ▽ICT取り入れ農業の効率化を図る動きも
 ▽少子高齢化に耐え、コスト競争力を高める

定期購読料

年間購読料 84,000+税