平成30年7月17日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆大雨による道内農作物被害面積は4178㌶
 (道など13機関・団体が連絡協議会を設置)
 ▽12日現在で道農政部が被害状況取りまとめ
 ▽上川、空知、留萌中心に8振興局41市町村
 ▽農作物の被害推計額は5億5700万円に
 ▽営農施設54件、農地・農業用施設80カ所
 ▽施設など含む被害合計は12億4200万円
 ▽生育途中、営農継続前提に対応―道農政部
 ▽北海道の被害も国にしっかり伝えなければ

 

☆人手不足解消にモンゴル人材の活用を
 (農業・介護・建設の3分野テーマにシンポ)
 ▽3年後目標500人、日本語教育体制も整備
 ▽モンゴル側は土づくりなど技術移転に関心
 ▽船橋・和田両衆議も取り組みの進展を期待

 

☆牧草収穫遅れでホルスイタインショウ中止に
 (作業終了見通し立たず─JAとまこまい広域)

 

☆高校生対象のスマート農業講座を初開催
 (8月10日、本別町の道立農業大学校で)
 ▽自動操舵など最先端のシステムを体験・見学

 

☆人 事 動 静(17~22日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税