平成30年7月11日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道連役員が留萌・上川で大雨被害対策現地調査
 (4JAを訪問―JAグループ北海道)
 ▽作物被害は小平町739㌶、留萌市322㌶
 ▽JAあさひかわはそば、大豆など1063㌶
 ▽東旭川、ひがしかわは堤防決壊で大きな被害
 
☆道農業再生協議会が第1回通常総会を開催
 (29年度事業報告、30年度事業計画など承認)
 ▽農業被害への対応に梶田会長が協力呼び掛け
 
☆よつ葉が災害救援車「博愛号」を寄贈
 (雄武町に配備、累計29台に)
 
【講演】
☆食と農の未来―新潮流と変わらぬ本質⑥
  生源寺 眞一 福島大学教授
 ▽経験財の典型だった食品は、今や信用財に
 ▽農場で何が行われているのか、直接伝える

定期購読料

年間購読料 84,000+税