平成30年7月9日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

☆JAグループが空知で大雨被害対策現地調査
 (JAきたそらち、JA北いぶきを訪問)
 ▽石狩川や雨竜川の周辺で冠水・浸水被害拡大
 ▽きたそらち約950㌶、北いぶき約330㌶
 ▽営農継続・復旧に向け連合会の支援など要望
 
☆生産現場の不安払しょくへ道条例制定を歓迎
 (飛田会長が道議会の自民党を訪れ謝意示す)
 ▽種子法廃止後の体制整備、議論大きく前進
 ▽自民党・道民会議議員総会に飛田会長出席
 ▽JAグループと皆さんの向かう方向は一緒
 
【講演】
☆食と農の未来―新潮流と変わらぬ本質④
  生源寺 眞一 福島大学教授
 ▽存在感を増した食品産業―最終消費は5倍
 ▽6人に1人以上が食関連産業で働いている
 ▽安定した雇用力など地域産業としての役割
 ▽食品製造業の上位は北海道と大都市周辺に
 
☆「道食の安全・安心委員会」の傍聴者を募集
 (年次報告、通報状況、委員会の開催計画など)

☆ゆめぴりかの発芽玄米グラノーラ発売
 (日本食品製造と共同開発─ホクレン)
 
☆農たび・北海道フェイスブックページ開設
 (農村ツーリズムの情報を発信─道農政部)
 
☆人 事 動 静(9~15日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税