平成30年7月6日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆低温と多雨・日照不足で農作物の生育緩慢に
 (ほぼ平年並みも前回に比べ2~3日の遅れ)
 ▽道農政部が7月1日現在の生育状況を発表
 ▽1番草収穫作業、地域によって大幅な遅れ
 
☆てん菜褐斑病、葉いもち、馬鈴しょ疫病に注意
 (病害虫防除所が注意報で適期防除呼び掛け)
 
☆「あぐり王国」が放送開始から10年
 (主演・森崎氏が北海道農業への思い語る)
 ▽消費者の目を産地に向けるのが目標の一つ
 ▽7月7日の放送は初回ロケ地の新篠津へ
 
【講演】
☆食と農の未来―新潮流と変わらぬ本質③
        生源寺 眞一 福島大学教授
 ▽生産額自給率は健闘する農業を素直に反映
 ▽エサをつくる農業と、畜産物に変える農業
 ▽2つの自給率が都道府県の農業の特長示す
 
☆雪印メグミルク磯分内工場で新棟の地鎮祭
 (約200億円投資、バター製造の新棟など)
 ▽稼働開始平成32年度下期、年間21万㌧処理

☆報道向けに関連施設の見学会―雪印メグG
 (札幌工場、歴史館、雪印パーラーなど見学)
 ▽テトラトップ容器「ボトラッテ」が好評と
 ▽イベントPRで利用増期待―雪印パーラー

定期購読料

年間購読料 84,000+税