平成30年7月5日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆31年度以降の種子生産に向け道が条例制定へ
 (道議会予算特別委員会で高橋知事が表明)
 ▽種子生産に関する課題解決への的確な対応
 ▽道、農業団体、生産者の役割と責任明確化
 ▽6月末までに道内52市町村議会から意見書
 
☆上川や北空知中心に大雨による被害が発生
 (石狩川などが氾濫し土砂や流木の流入も)
 ▽各JAが地域を巡回、被害状況の把握急ぐ
 
☆大雨被害でJAバンク北海道が金融対策実施
 (JA統一資金の融資は組合長の証明で対応)
 
【講演】
☆食と農の未来―新潮流と変わらぬ本質②
        生源寺 眞一 福島大学教授
 ▽一律に論じられない日本農業の両面を見る
 ▽兼業農家は極めて合理的な適応形態だった
 ▽挙家離農が減り経営継承のスタイルも変化
 ▽北海道の農業・農村はハイブリッドの側面
 
☆「北海道たねの会」設立記念イベントを開催
 (「たねを観て、食べて語る」フォーラム)
 
☆食の自給ネットが映画「種」の上映会
 (日本の種子を守る会の印鑰氏が情勢解説)

定期購読料

年間購読料 84,000+税