平成30年6月27日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道農業会議が総会、新会長に多田正光氏
 (副会長に小林氏、中谷氏、専務に佐久間氏)
 ▽活動強化促進運動推進方針を申し合わせ
 ▽2期7年で勇退の岡村会長が関係者に謝意
 
☆需要に応じた生産を実現し、農家所得確保へ
 (道米対が米・水田農業の政策提案まとめる)
 ▽中食・外食向け、輸出拡大に向けた支援も
 ▽7月2日の農水省との意見交換皮切りに
 
☆生産者所得の安定化へ、複数年契約を拡充
 (30年産米早期契約を3カ年に統一─ホクレン)
 ▽5カ年の「長期安定取引契約」も拡大へ
 ▽秋に道外でゆめぴりか10周年キャンペーン
 
☆ホクレン配合飼料価格は約1550円値上げ
 (原料価格の値上がり、円安などが主な要因)
 ▽とうもろこしは天候に左右される相場展開
 
☆農水省公表の白書説明会に関係者170人参加
 (食料・農業・農村白書など本省担当者が説明)
 
☆道総研根釧農試が「酪農試験場」へ名称変更
 (天北支場も変更―草地酪農の拠点に)

定期購読料

年間購読料 84,000+税