平成30年6月21日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆出資配当・事業分量配当で約20億円を還元
 (JA道信連が総会、30年度計画など決める)
 ▽当期剰余金は52億円、計画を上回る決算に
 ▽30年度も同率での出資・事業分量配当計画
 ▽質疑では農業融資にさらなる対応求める声
 
☆29年度の保証引受額は1043億円に
 (年度末保証残高3944億円─信用基金協会)
 ▽代位弁済額4億9200万円で前年下回る
 ▽年度末基金残高は4億円増の250億円に
 
☆29年度決算は16億9000万円の黒字を確保
 (計画を5・4億円上回る―JA道厚生連)
 ▽帯広厚生病院用地取得で事業計画一部変更
 ▽医師・薬剤師の不足偏在変わらず―西会長
 
☆2年連続全支所・全地区目標達成、努力に感謝
 (共済連北海道が29年度事業実績など報告)
 ▽会員配当は前年並み、臨時配当44億円予定
 
☆ほぼ平年並みで推移―15日現在の生育状況
 (低温・寡照の影響で生育がやや緩慢に)
 ▽目立った影響みられず、次回調査を注視

定期購読料

年間購読料 84,000+税