平成30年6月6日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道農連が主要農作物種子条例制定を道に要請
 (必要な財政措置と万全な体制構築求める)
 ▽梶田農政部長らが対応、道議会各会派にも
 ▽地方議会の意見書など条例制定へ環境整備
 
☆道議会農政委員会でも条例制定求める声
 (一刻も早く条例制定の動きを―白川道議)
 ▽実情踏まえ新たなルールづくり―梶田部長
 
☆29年度道地方競馬特別会計10億円の黒字に
 (ネット発売が増、単年度黒字は5年連続)
 ▽道議会農政委員会で29年度決算見込み報告
 
☆道農林統計協会が解散、67年間の歴史に幕
 (会員減少や入手方法多様化など環境変化で)
 ▽昭和26年設立、統計資料を通じ発展に寄与
 
☆死亡牛のBSE検査対象、月齢引き上げへ
 (現行の「48カ月以上」を「96カ月以上」に)
 ▽発症疑われる高リスク群の検査は継続実施
 
☆担い手の農地所有権取得の重要性に理解
 (道農業会議が東京で国会議員要請集会開く)
 ▽集会には道内選出の与野党議員18人が出席
 
☆北海道農業共済史第6巻を発刊─道NOSAI
 (70周年事業の一環、10年間の出来事を整理)

定期購読料

年間購読料 84,000+税