平成30年5月30日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆全中主催で6月に「政策確立全国大会」開催
 (JAグループ北海道の政策提案は6月末決定)
 ▽政府・与党の政策決定プロセス変化に対応
 ▽種子法廃止に懸念、地区で道議に働き掛け
 ▽TPP11の発効や参加国拡大など動向注視
 
☆30年度のホクレン肥料価格は3・1%値上げ
 (輸入原料の上昇で27肥料年度以来3年ぶり)
 ▽コスト低減へ5億円の価格対策も継続実施
 ▽オーダーメードBB肥料「MyBB」開始
 
☆豪州向け生鮮牛肉の輸出、17年ぶりに再開
 (平成13年日本でのBSE発生受け輸入停止)
 ▽農相は日本側の再開努力に「成果」を強調
 
☆30年度需給、生産回復兆しも不足基調続く
 (Jミルクが5月の生乳等需給見通しを公表)
 ▽生乳生産は道府県とも1月予想を上方修正
 ▽夏の府県需給、上期で道外移出6・4%増
 ▽生乳の国内需給は前年夏より警戒感を要す
 
☆「みんなのよい食JA親善大使」道内2会場で
 (JAグループとコンサの相互協力協定)
 ▽JA親善大使でコンサのトップ選手らが参加
 ▽食のことも学んで―JAさっぽろ藤田組合長

定期購読料

年間購読料 84,000+税