平成30年5月9日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆優良な種子生産へJAなどと連携―道農政部
 (雪印種苗の品種偽装問題受けて農政委に説明)
 ▽品種偽装は生産者を裏切る行為だ―船橋委員
 ▽安定した飼料生産には優良種子の確保が重要
 
☆春先の好天により耕起作業などは早めで推移
 (春耕起の農作業進ちょく状況公表―道農政部)
 ▽気温高い日続き圃場乾燥、耕起作業は早3日
 ▽秋まき小麦の雪腐病は平年より少ない見込み
 
☆30年産原料てん菜取引条件見直しへ意見集約
 (委託加工の仕組みも要検討―道農協畑青対)
 ▽64万㌧維持と生産構造対策踏まえ見直しを
 ▽7月以降、糖業者との取引条件交渉進める
 
☆30年度も生産者拠出による小麦委託試験継続
 (前年同規模、拠出見込み額は9759万円)
 ▽29年度9668万円、1俵当たり10・26円
 
【ボイス】谷川利昭JAひだか東代表理事組合長

定期購読料

年間購読料 84,000+税