平成30年4月26日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆TPP11の国会審議や日米協議など動向注視
 (日高4JA合併、JR問題で見解―飛田会長)
 ▽外務・内閣委員会でしっかり議論されるか
 ▽課題クリアしながら合併効果で経営改善を
 ▽農産物鉄道輸送存続へ国の取り組みを要請
 
☆道産生乳の引き合い強く増産に意欲を示す
 (畜クラなど生産基盤強化が奏功―内田会長)
 ▽都府県の生産減少、道外移出が大幅に増加
 ▽供給力確保へ輸送タンクの大型化を進める
 
☆予算概算要求に向けた組織討議案まとめる
 (担い手対策など4本を柱に―道農協基本農対)
 ▽6月末の本部委員会で最終政策提案を決定
 ▽国際貿易に関する情報収集と必要な要請を
 
☆畑作構造転換事業や原料糖対策などが焦点に
 (政策提案に向け組織討議―道農協畑青対)
 ▽6月中旬に意見集約、次回委員会で決定へ
 ▽予算拡充、新たなメニューの検討など提起
 ▽64万㌧問題は解決、残るは引き取りルール
 ▽種馬鈴しょ対策、民間流通麦の制度見直し
 ▽農産物検査規格見直し、輸送力確保対策も
 ▽経営安定所得対策の単価改定は32年産想定

定期購読料

年間購読料 84,000+税