平成30年4月12日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道が関係部局に鳥インフルの警戒呼び掛け
 (渡り鳥の飛来本格化、警戒本部幹事会を開催)
 ▽5月のGW明けまでは警戒体制の強化必要と
 ▽道内家きん農場に対し消毒徹底など呼び掛け
 ▽関係部局と情報共有、それぞれの役割確認を
  
☆「畑作構造転換事業」は30年度に予算繰り越し
 (全メニュー対象、4月中旬までに計画提出)
 ▽29年度は道内6億円弱、府県配分額非公表
 ▽道外からも「問い合わせはある」と農水省
  
【特集・信用事業の行方】
☆「3つの選択肢」提示、来年4月までに検討㊦
  高橋 和則 JA道中央会参事
 ▽内部監査と貸出審査体制整備で高いハードル
 ▽低金利による信用事業収益低下も大きな要素
 ▽200億円はJAの価値を計る基準ではない
   
【新刊紹介】
「種子法廃止と北海道の食と農」(寿郎社)

定期購読料

年間購読料 84,000+税