2021年5月31日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

農産品輸出拡大に向け「品目団体」法定化
 関係閣僚会議で輸出実行戦略の進捗を確認
 戦略決定以降、事業者380件と意見交換
 「輸出事業計画」達成に必要な支援を実施
 農水省の「輸出・国際局」に専門人材配置
 「品目団体」は自主財源の増加にも努める
 法改正に加え必要な施策を検討―野上農相
ホクレンLL牛乳「輸出産地」追加―農水省
 よつ葉・ホクレン通商とコンソーシアム設立
 三者得意分野で連携、東南アジア販売拡大へ
 グループの強み生かし特色あるPR活動展開
 輸出シェア95%の香港、コロナ特需で2割増
2021年度の国貿輸入枠数量「変更せず」
 バター6,400t、脱粉750t据え置き―農水省
 生産量の増加に伴い在庫は増加傾向が続く
 対策でバター8千t、脱粉6千t消化見込
20年度の調査研究事業は12件―道地域農研
 元JA道中央会参事の石田健一氏が常務に
 設立30周年記念事業として記念誌を発行
 自主研究4件、共同研究1件、受託研究7件
宮原薫会長ら役員を再選―北農工通常総会
 20年度農業機械出荷額は218億6,400万円
JA道信連人事(6月14日)
人 事 動 静(31日~6月6日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税