2018/03/23(Fri)

一覧を見る
主要記事見出し

☆農水省が道内で大雪被害の支援対策説明会開催
(新ひだか町の会場には関係者65人が参加)
▽速やかな復旧へ、関係機関と連携し全力で
▽経営体育成支援、産地活性化総合対策など
▽被災者へ施設園芸共済などへの加入を要望  
 
☆乳事業参入検討は「間違いない」―カネカ
(22日付で北海道新聞報道、本紙取材に同社)
▽報道一部に未決事項、27日事実関係公表へ
▽年間生乳処理量「3万㌧超」は既決事項と
▽「初めて知った部分ある」道内子会社困惑

 
☆31年度農業関係予算の要請内容の検討を開始
(5月に道内選出国会議員に要請―道農業会議)
▽委員から農業分野での知的財産保護が急務と

 
☆JAバンク食農教育応援事業で教育本贈呈
(道内の小学5年生対象に約5万2000冊)
▽30年度版は「学校給食」と「地産地消」追加
▽農業の魅力を一つでも多く知って―佐藤会長

 
☆29年産米の2月末販売実績は10万7000㌧
(計画33万㌧に対する進度は32%で順調)
▽2月末入庫31万6000㌧、契約進度94%
▽複数年拡充で30年産以降の需給変動に対応

定期購読料

年間購読料 84,000+税