2021年2月26日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

需要に応じた生産へ飼料用米への支援拡充を
  道の水田部会が産地交付金活用計画を説明
  道内「生産の目安」取り組み状況独自調査
  主食用米作付け見込み面積は9万4,838ha
  実績比462ha減、目安比約1,000ha下回る
  産地交付金の道枠で飼料用米推進助成新設
北海道米の道内食率、20年度は「88%」に
  前年比2ポイント上昇、9年連続目標達成
  19年産米は作柄よく北海道米の消費が増加
産出額3,000億円に向け、肉用牛も産地化へ
  所得30円5年連続確保―根釧酪農ビジョン
  災害時取水やクラスター発生時の連携協議
  廃用牛再肥育の検討や人材確保などで意見
  国際化対応や働き方課題山積―原井副会長

定期購読料

年間購読料 84,000+税