2021年2月2日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

留萌管内単一農協「JAるもい」1日発足
  新組合長にJAオロロン長谷川裕昭氏就任
  8市町村またぐ「支所完結型農協」の船出
  組合員戸数858戸、販売取扱高150億円超
  新時代にふさわしい農協へ―長谷川組合長
  留萌農業の価値を高める―佐藤博幸新会長
2月から「JAしれとこ斜里」がスタート
  JA名称変更に合わせHPもリニューアル
19年度から3年連続で生乳生産量「増産」
  ミルクが来年度通期の需給見通しを公表
  北海道は2.1%増で3年連続の400万t超
  道外移出量は4.7%増、7年連続で増加
  脱粉在庫量、国による対策後は7万7,000t
  バター在庫量は3万8,000tで3.0%減少
生乳需給緩和時には業界が連携して対応を
  内橋常務が需給動向を踏まえた課題を示す
  巣ごもり需要は今後、不透明な状況にある
  急激な需給緩和時は国・生・処一体で対応
  消費者の低価格志向の一層の強まりも想定
「需給調整機能」の発揮や需要喚起を要望
  水野牛乳課長が需給交換会議の意見を紹介
  業務用製品はGoToトラベル停止後鈍化
  消費者の理解を得ながら情報発信に努める

定期購読料

年間購読料 84,000+税