2020年12月17日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

総額19兆1,000億円の3次補正予算案決定
  TPP関連予算として合計3,220億円計上
  輸出拡大や産地生産基盤パワーアップなど
  クラスター事業は「輸出拡大優先枠」拡充
  新市場開拓水田リノベーションで290億円
  次期作支援の運用見直しで1,343億円計上
  畑作構造転換事業は今回も補正で30億円
21年産畑作物の指標面積設定―道農協畑青対
  コロナの影響大きい品目は現状維持基本に
  秋まき小麦は前年並み、春まき小麦は拡大
  小豆は20年度実績見合いの2万2,100ha
  馬鈴しょはチップ・でん粉向けを維持拡大
  てん菜は計画面積の5万8,232haを指標に
  現行ルールのあり方で関係者の検討を再開
ホクレンの20年産米販売実績は前年比86%
  14日現在、市販・業務用とも新米販売苦戦
  「ゆめぴりか」は前年比105%と順調に推移
  「ななつぼし」「きらら」は府県産米の競合
【新刊案内】「北海道野菜産地発展の軌跡」
  道内野菜産地の形成過程を一冊にまとめる

定期購読料

年間購読料 84,000+税