2020年12月14日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

不安払しょくへ改正種苗法の理解醸成図る
  重要点は新品種の適切保護―道議会農政委
  国へ自家増殖許諾の過度な負担回避求める
  道では過去いんげん・小豆で海外流出事例
  公的品種「支障となる許諾料は生じない」
19年産直播面積の「えみまる」シェア13%
  道議会農政委員会で水稲直播の状況を説明
  直播総面積は2,381haで5年前から1.4倍
  「えみまる」栽培マニュアル年度内に配布
  地域に適した栽培技術を確立し普及拡大へ
鈴木知事会見で国の21年度畜酪対策を評価
  本道の実状踏まえた対応と10日夕の定例で
  新規就農者数減少は社会情勢の変化も背景
  パワーアップ事業継続へ具体的内容早急に
21年度畜産物政策価格「妥当」と答申
  政策審畜産部会が農水省の諮問内容を了承
集送乳調整金、輸送費の増加で5銭上げ
  牛乳課が補給金単価の上げ・下げ要素説明
  補給金上げ要素は「副産物価額」など12銭
  下げ要素は1頭当たり乳量の増加など17銭
生産は好調も生乳過剰想定で先行きは不安
  政策審畜産部会で生産者から意見が相次ぐ
  生乳需給の先行きや労働力問題に懸念示す
  国産チーズ振興「的確な分析と対策必要」
「外食需要激減」と「種苗法改定」がトップ
  HAJAが北海道農業10大ニュースを選考
人 事 動 静(14~20日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税