2020年12月11日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

自民党が21年度の単価・数量・対策を了承
  畜酪委員会、戦略調査会、農林部会が承認
  ALIC事業は基盤強化対策に45.7億円
  雌子牛の自家育成で1頭・5万円の奨励金
価格・関連対策決定で各団体が謝意伝える
  酪農ヘルパー対策「新たな切り口」に感謝
  酪政連佐藤委員長「現場でぜひ活用して」
  全中は集送乳調整金単価引き上げにも謝意
補給金等決定を受け、道内農業団体が談話
  10円85銭確保で経営強く後押し―道中央会
  生産意欲高める観点からは不十分―道農連
政策審畜産部会に21年度の政策価格を諮問
  単価8円26銭、集送乳調整金は2円59銭に
脱粉と同様にバター在庫削減対策の実施を
  政策審畜産部会で串田臨時委員が問題提起
  在庫の現状を認識し補正予算の編成に臨む
生乳流通改革の検証「畜産部会と連携を」
  規制改革推進会議の検証で西尾委員が提案
  輸入枠数量の設定では抑制的決定を求める
増産の機運を冷やさないことが何より重要
  チーズが増えない理由「仕向け生乳不足」
  いいとこどりは「周知徹底が何より重要」
北海道の水稲作況指数は106の「良」が確定
  10月15日現在の予想収穫量から変動なし

定期購読料

年間購読料 84,000+税