2020年12月01日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

JA道信連の20年9月期仮決算は減収減益
 貸出残高の増加や資金の効率的運用で利益
 農林中金の利回り低下を独自運用でカバー
 経常収益は156億円、経常利益は41億円
 農業融資残高は4,861億円で前年並み維持
農業者への資金繰り支援継続―JA道信連
 制度資金は10月末時点で257件受け付け
北海道米の販売拡大へ全方位的な販促展開
 20年産米販売実績は前年比86%―ホクレン
 小麦は全銘柄で契約数量上回る入庫54万t
 年末ヤマ場へ業界全体で生乳処理を最大化
旭川厚生病院・1日も早い診療の正常化へ
 クラスター感染終息に向け全力―道厚生連
倶知安厚生病院で6人新型コロナ院内感染
11月「冬の交通安全運動」にポスター提供
 道警と連携、17年入賞作品―共済連北海道
経営体数は減少も法人化・規模拡大は増加
 5年ごとの2020年農林業センサスまとまる
 農業経営は21.9%減、林業経営は61.2%減
 法人は3万1,000経営体で4,000経営体増
 道は100ha以上、都府県は10ha以上で増加

定期購読料

年間購読料 84,000+税