2020年10月26日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

コロナ禍で道産小豆の消費は平成以降最低
  20年産生産量は100万俵見込む―ホクレン
  19年産の年間消費量は67.5万俵まで減少
  供給回復した矢先にコロナで消費は大幅減
  20年産の作付面積は2万2,000haまで回復
  道産小豆販売拡大へ和菓子の消費呼び掛け
  今の面積は決して過剰ではない―本郷課長
日英両政府が日英EPA協定の署名式開く
  来年1月の発効目指し、国内手続き進める
  合意内容は毅然として交渉した結果―農相
ちえのわ事業協がJミルクの賛助会員に
  生乳取引の多様化受け、定款などを改定
北海道ワインに農林中金など3行協調支援
  直轄農場で高級ワインブランド確立目指す
  仁木の農地4.2ha取得、21年6,600本植栽
  地域農業の基盤維持へ離農農地の受け皿に
空知町村会が13町の新米を鈴木知事に贈呈
  北海道一の米どころ、豊穣の出来秋をPR
  品質・収量ともに素晴らしい―佐野会長
  〝ごはんのお供〟にも道産食材をオススメ
  産地を思い浮かべ食べてほしい―鈴木知事
人 事 動 静(26日~11月1日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税