2020年10月1日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

12月の概算決定に向け満額を―道基本農対
 TPP等関連対策は20補正での予算確保を
 政治動向など流動的な要素踏まえ運動展開
 作目別に機動的対応、米は14日中央要請
 道や道議会にパワーアップ事業継続要請へ
新内閣で食料自給率向上の取り組み推進を
 日英合意は評価も継続的注視―小野寺会長
 秋田の農家、米どころ富山の新閣僚に期待
 収穫後の消費拡大・影響緩和対策に力注ぐ
 スマート農業推進のために基盤整備は前提
単収は過去最高、作況指数「105」の見込み
 20年産水稲の作付面積と作柄概況―北海道
 主食用作付面積は9万5,300haで1.8%減
 予想収穫量は前年産並みの55万3,700tに
 全国作況指数は「101」の平年並みを予想
農水省が21年度予算の概算要求を公表
 前年度比20%増、総額は2兆7,734億円に
 コロナ予算を環境整備やデジタル化に計上
 公共事業は8,464億円で前年度比21.1%増
 農業農村整備関係は5,408億円で22%増
農水省が21年度の税制改正要望を公表
 「基盤強化準備金制度」2年の延長を要望
新組織は農産局400人、畜産局250人規模に
 農水省が21年度組織定員要求の内容を公表
 輸出・国際局では検疫協議の体制強化図る
道農政事務所人事(10月1日付)

定期購読料

年間購読料 84,000+税